評価フォーム

3 テンプレート

イベントフィードバックフォーム

イベントフィードバックフォームでは、イベントが面白かったか、勉強になったかなどを聞くことで、参加者の総合的な満足度を評価することができます。イベントの総合的な評価について意見を求めたり、どの部分が気に入ったかを把握したり、参加者が友人や同僚にイベントへの参加を勧めるかどうかを尋ねたり、プレゼンターを評価したりすることができます。このフォームでは、会場やサービスに関する参加者の総合的な満足度を把握したり、コメントや要望・提案を求めたりすることができ、オプションとして、今後のイベントに使用するための連絡先を収集する項目も用意されています。 このテンプレートは完全にカスタマイズ可能で、ドラッグ&ドロップ機能を使ってフィールドの追加、削除、変更ができ、背景、色、フォント、レイアウトの変更もコーディングなしで行えます。また、ウェブサイトに埋め込むことも、単独のフォームとして使用することもできます。

評価フォーム

ウェブサイトアンケートフォーム

ECサイトやサービスについて顧客からフィードバックを得るには、ウェブサイトアンケートフォームをご利用ください。このテンプレートを使えば、顧客は簡単にあなたのサービスについてフィードバックをしたり、評価や提案をすることができます。表やドロップダウンメニューを使ったり、ウィジェットやアプリを組み込んだりして、このテンプレートをベースに独自のフォームを作成してください。

評価フォーム

コース評価フォーム

コース評価フォームは、カスタマイズ可能なウィジェットを使用して、学生がコースやセメスターに対する評価をすることができ、学生がコースに関してどのように感じたか、学生の視点に立ってより詳しく理解するのに役立ちます。このコース評価フォームのテンプレートでは、アンケートを行うだけでなく、その学期のコースが上手く進んだかを評価するのにも役立ちます。

評価フォーム

About 評価フォーム

評価フォームは、貴重なフィードバックを得て、改善が必要な分野を特定するための素晴らしい方法です。顧客満足度、生徒の学習状況、従業員のパフォーマンス、ゲストのフィードバックなど、どのような情報を収集したい場合でも、Jotformの無料オンライン評価フォームがあれば、簡単に評価を収集・追跡することができます。Jotformフォームビルダーでカスタマイズし、ウェブサイトに埋め込んだり、フォームのリンクを顧客、生徒、従業員、イベントゲストなどに送信してください。

フォームユーザーは、連絡先情報の入力、質問への回答、評価尺度への回答、コメントの追加などを簡単に行うことができます。提出された評価はすぐに安全なJotformアカウントに送られ、あなたや他の同僚がどのデバイスからでも簡単に閲覧したり、印刷して記録に残すことができます。

評価フォームのカスタマイズは、ドラッグ&ドロップで簡単に作成できます。コーディングの必要はありません。フォームフィールド、アンケートの質問、評価スケール、画像をドラッグ&ドロップするだけです。Google Drive、Dropbox、Slack、Airtableなど、100以上の人気アプリと評価フォームを統合して、他のオンラインアカウントに自動的に送信することもできます。無料の評価フォームを使って評価プロセスをオンラインで簡素化し、従業員の研修、学生の指導、イベントの開催、ビジネスの運営方法を改善するために必要な意見を受け取りましょう。

よくあるご質問

効果的な評価フォームを作成するにはどうすればよいですか?

効果的な評価フォームは、組織のプロセス、プロトコル、製品、実践の改善に役立ちます。効果的な評価フォームを作成するためには、まず、フォームの目的、つまり、フォームによって何を達成したいのか、また、どのような評価システムや評価基準を使用する予定なのかを明確にします。ユーザーが混乱することなく素早く記入できるよう、評価フォームは明確で簡潔なものにしましょう。総合的な評価を得るために、自由形式の質問も含め、様々なタイプの質問を組み合わせるようにしましょう。

評価フォームに含めるべき重要な要素とはなんですか?

評価を匿名にしたい場合を除き、評価フォームにはまず、回答者を特定するためのフィールドをいくつか設けましょう。これらのフィールドは、将来、回答者に再度連絡する必要がある場合に、フォローアップを容易にします。

次に、評価フォームには、求めているフィードバックを収集するための質問を含める必要があります。質問の種類は様々で、リッカート尺度や評価尺度の質問、多肢選択式の質問、自由形式の質問などがあります。また、ユーザーが自分の考えや認識をより詳細に共有できるように、説明のセクションを追加することもできます。

最後に、回答者の方々の時間と労力に感謝していることを知ってもらうために、お礼のページを用意しましょう。

評価フォームはどれくらいの頻度で使用すべきでしょうか?

これは、企業のニーズや目標によって異なります。評価依頼の数が多すぎると、アンケート疲れしてしまい、回答者が長期にわたってフォームに記入する気がなくなってしまう可能性があります。

一般的に、新商品や新サービス、新イベントを開始する際には、いつでも評価フォームを送付する必要があります。継続的なサービスや製品を提供している場合は、顧客満足度や評価フォームを送付する間隔を3~6カ月ごとなど、定期的に設定しましょう。業績評価のための評価フォームは、通常、年1回または半年に1回共有します。

最終的には、評価フォームの間隔を空けて、以前に収集したフィードバックから改善や新たな洞察を得るための十分な時間を確保することをお勧めします。そうすることで、顧客の時間と労力、そしてあなた自身の時間の両方を無駄にすることを防ぐことができます。

評価フォームを使う目的は何ですか?

評価フォームは、意思決定や計画に役立つ重要なフィードバックやデータの収集に役立つため、組織を改善するための素晴らしいツールです。評価フォームは、イニシアチブ、製品、サービスなどの効果、満足度、パフォーマンスを評価するのに役立ちます。あらゆる業種に柔軟に対応します。

定期的に実施される評価フォームは、長期的な進捗状況をモニタリングし、企業が追跡可能なデータを提供するのに役立つ。また、回答者が自分の意見や感想を正直に、しかも非難されることなく共有することを促します。これにより、従業員や顧客に対して、どれだけ彼らの意見を重視しているかを示すことができ、透明性のある企業文化を作り出すことができます。

評価フォームにはどのような種類がありますか?

評価フォームにはあらゆるものがあります!個人(教師、同僚、従業員、顧客など)や組織(学校、レストラン、企業など)向けの評価フォームを作成することができます。また、コースやコーチングのような製品やサービスに関して、顧客満足度を評価するために使用することもできます。最後に、評価は、コンサート、会議、リトリートなど、イベントの成功を測るのに最適です。

評価フォームのテンプレートをカスタマイズするには?

Jotformの直感的なドラッグ&ドロップ式フォームビルダーを使えば、評価フォームテンプレートのカスタマイズも簡単です。フォームフィールドの追加や並べ替え、ロゴの挿入、フォントや色の変更など、様々な事が可能です。フォームのテーマや背景を調整したり、カスタムCSSコードを追加してデザインを微調整することもできます!

評価フォームは主観的評価と客観的評価の両方に適していますか?

はい、主観的評価と客観的評価の両方に適した評価フォームを設計することができます。より主観的な情報を収集したい場合は、より自由形式の質問を使って聴衆の意見や見解を求めることができます。例えば、顧客に製品の評価を求めるような場合です。このような評価では、評価スケールと自由形式の質問が最も効果的です。

より簡単に測定できる基準で客観的な情報を収集するアセスメントを作成したい場合は、多肢選択式の質問に重点を置くことができます。このような質問では、回答者はあらかじめ定義された選択肢を使用する必要があり、個人的な解釈の影響を受けにくくなります。

評価フォームは、主観的評価または客観的評価として作成することができます。

評価フォームは自己評価に使う事ができますか?

はい、自己評価のために評価フォームを使用することはできます。この方法は、従業員の業績評価において特に一般的で、従業員が自己評価フォームに記入し、評価プロセスの一環としてマネジャーにレビューしてもらうものです。このような評価フォームでは、従業員は自分のパフォーマンス、能力、改善点を評価することができます。また、長期的な目標を達成するために、定期的な自己評価書によって自分の進歩をモニターし、追跡することもできます。

評価フォームはさまざまな業界や業種に適用できますか?

評価フォームは、あらゆる業種や分野に適応させることができます!医療、行政、企業、学校、その他多くの分野で役立つツールです。評価フォームは、市場調査や個人の洞察の収集に特に有効で、ほとんどの業種に応用する事ができます。

評価フォームには、どのような評価尺度や評価システムを使用できますか?

評価フォームでは、いくつかのタイプの評価システムをよく目にします。最も一般的なものの1つがリッカート尺度であり、回答者は特定の記述に対する同意または不同意のレベルを示します。可能な回答は、3つ以上の数値で構成されます。例えば、「賛成」から「反対 」まで。これらの質問は、製品やサービスに関する一般的な認識や態度を把握するのに理想的です。

評価システムのもう一つのタイプは、ユーザーが製品やサービスに対する満足度を示すために数値を割り当てることができる数値評価スケールです。例えば、ある製品をどの程度楽しめたかによって、1~10の間で評価することができます。これは、顧客満足度や製品性能を数値化する簡単な方法です。

数値評価スケールと似ているが、意味評価スケールでは数値の代わりに言葉を使うことができます。利用者は「悪い」や「素晴らしい」といった形容詞から、満足度を選ぶことができる。

その他の尺度としては、視覚的アナログ尺度(どの画像が最も意見を表しているかを識別する尺度など)やランキング尺度が考えられます。

評価フォームの回答の機密性と匿名性を確保するにはどうすればよいですか?

個人を特定できる情報を求めず、匿名とすることで、評価フォームの回答の機密性を確認することができます。また、不用意にユーザーの身元を裏切るような質問を含めないように注意しましょう。例えば、ある人がどの部署で働いているのか、オフィスはどこにあるのかといった質問は控えましょう。

機密性をさらに保護するために、フォームに関連する全てのデータが暗号化されていることを確認してください。また、データへのアクセスを制限し、潜在的な侵害を防ぐためにセキュリティプロトコルを厳重にする必要があります。

評価フォームのデータを分析・解釈するためのベストプラクティスはありますか?

データを分析・解釈する際には、分析を始める前に、ラベルを追加したり、フォーム投稿のギャップに対処したりして、データを整理しておきましょう。ユーザーが不完全な情報を提出しないように、明確で整理された評価フォームを設定することで、このステップを簡単に行うことができます。

次に、可能であればパーセンテージやその他の統計を使ってデータ内の大まかな傾向を特定し、全体的なパターンを確立してから、クロス集計や異なるカテゴリーへのセグメンテーションを行い、さらに傾向を特定する。

通常、データをグラフや表(Jotformテーブルや Jotformレポートビルダーで自動生成されたものなど)で視覚化することが役立ちます。このステップにより、データをプレゼンテーションで共有することも簡単になります。

最後に、評価フォームに定性的なフィードバックが含まれている場合は、回答を高いレベルで表す主要な洞察や感情の傾向を特定します。感情の傾向を特定します